2016年3月 9日 (水)

VirusTotalへアップロードされる機微情報

標的型攻撃等に対する警戒心の高まりから、以前にも増して、VirusTotalを活用される企業が多くなっているかと思います。疑わしいファイルを無料で分析できるため、気軽に使える反面、機微な情報を含むファイルをアップロードしてしまった場合、他の組織に入手されてしまうリスクがあります。いったんVirusTotalにアップロードしてしまったファイルは、それがマルウェアか否かに関係なく、VirusTotal Intelligence(有償サービス)の契約ユーザが自由に入手できることを意味します。

続きを読む »

2015年11月26日 (木)

フリーメールを使った差出人メールアドレスの詐称

標的型攻撃において、攻撃者はフリーメールサービスをよく使うことが知られています。Backdoor.Emdiviのケースでも、*****@excite.co.jp や *****@yahoo.co.jp などのフリーメールアドレスが差出人となっている攻撃メールを多数確認しています。

一方、差出人メールアドレスで取引先ドメインを詐称した標的型攻撃メールや詐欺メールもよく見られます。多くの方がご存じのように、メールヘッダの偽装は極めて簡単なため、詐称メールを送る技術的な敷居は低く、そのためツール類も出回っておりますが、弊社では、ここ最近、一部の攻撃者/犯罪者が“フリーメールサービス”を使って、取引先メールアドレスを詐称していることを、標的型攻撃や詐欺の事案で確認しました。ここで言う「詐欺」とは、取引先になりすまして、送金先口座の変更を依頼する旨のメールを送り金銭を横取りする犯罪などです。以降、読者の皆様の組織における防衛強化のための知見として、詐称の具体的な手口を共有させて頂きます。

続きを読む »

2015年9月17日 (木)

MNCTF2015 WriteUp 回答案

7月に行われたセキュリティコンテスト「Macnica Networks CTF」の解説を公開します。問題サーバは継続して公開しておりますので、どなたでもチャレンジしていただけます。

続きを読む »

2015年6月 8日 (月)

Emdiviを使う攻撃者の素性

世間で大きく報道されているマルウェアEmdivi(エムディヴィ)やCloudyOmega(クラウディオメガ)に関連する件において、被害組織に対する非難の報道が多い一方で、本当に非難するべき対象は攻撃者であり、攻撃者に関する情報がほとんど報道されていないように見受けられます。この状況を少しでも変えるべく、弊社が把握している情報を、差支えのない範囲で共有させて頂きます。

続きを読む »

今年も自作ツールを展示
Macnica Networks Corp.
セキュリティ研究センター

サイバーセキュリティに特化し研究することを目的として2013年4月に開設。

■ミッション

・サイバー攻撃の研究

・海外の最先端セキュリティ技術の発信

・予測的な策略を講じるセキュリティ対策に基づいた包括的なソリューションの提案
 

政本 憲蔵
セキュリティ研究
センター センター長
 
2000 年、(株)マクニカに入社。各種ネットワーク製品、暗号関連製品、WAF、IDS/IPS等の導入設計担当を経て、 セキュリティインシデントの調査・分析に携わる。2008 年より、標的型攻撃に対する対策製品の技術支援に従事し、 2013 年4月より、同社に新設されたセキュリティ研究センターにて、攻撃者の動向を追いながら、世界の最先端セキュ リティ対策技術のトレンドを調査している。

凌 翔太
セキュリティ研究
センター
 
2004年よりクライアントセキュリティ対策製品(HDD暗号化、検疫、DLP等)のテクニカルサポート、プロフェッショナルサービスに従事する。2009年より、IPS/IDSおよびWAFなどのネットワークセキュリティに関する製品を担当する傍ら、マルウェアや脆弱性の研究を実施する。2013年度より同センターにて、最新の攻撃の研究に携わる。

BlackHat